独自の経営体制

R&D

研究開発費、9000億円。
長期的に安定した投資を可能にする
独自の経営体制。

ボッシュでは常に挑戦をし続け、毎年63億ユーロ、日本円にして約9000億の資金を研究開発費に充てています。毎年対売上費の約9%の投資率を維持できているのは、「経営(議決権)」と「株主(利益配当)」を分離させた世界でも珍しい独自の経営体制があるからです。議決権についてはその93%を経営の最高決定機関であるロバート・ボッシュ工業信託合資会社が、その残りを創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有。また、利益配当については議決権を持たない非営利組織ロバート・ボッシュ財団に株式の92%を保有させることで資本と経営を分離し、財務上の独立性を実現しています。それにより、安定経営と長期的な視野に立った研究開発に取り組めるほか、再投資以外の利益はロバート・ボッシュ財団を通じて、すべて社会に還元できるのです。また独立性は製品開発の領域でも保たれており、特定のメーカーグループに属さないため、革新的なアイデアを実現しやすい環境が整っています。