ワークライフバランス

Work-life Balance

離職率1%台。
革新の原動力は、その働きやすさにある。

人こそが、企業の財産。ボッシュには、社員ひとりひとりのワークライフバランスを大切にする企業文化があり、これまでにもさまざまな取り組みを行ってきました。たとえば、育児関連制度では子どもが満1歳6カ月に達するまで育児休業を取得できるほか、小学6年生になるまでは時短勤務も可能です。法律で定められた基準を大きく上回っているこれらの制度は、女性社員はもちろん男性社員にも活用されています。さらに働き方の多様化を推進するために、2015年11月より一般在宅勤務制度を導入。育児や介護といった特別な理由がなくても、月合計40時間の在宅勤務を認めています。このような取り組みが離職率1%台という結果として現れ、ボッシュが革新を生み出し続ける原動力になっているのです。